You are currently viewing 大学と会社に入ってわかった1つのこと

大学と会社に入ってわかった1つのこと

私は昔、人の目を気にして、「いい大学に入って、いい会社に入って…」と思って実際そうしていました。
辛くてしょうがなかったので、黒歴史だな〜と思っていました…
(ポンコツ学生&ポンコツ会社員だったので、勉強も仕事もだめ、人間関係もダメダメだったので…)

でも、今思えば「入ってよかったな」と強く思うことがあります。

<権威に中身はない。>

ということがわかったこと。

「東大の教授の論文だから正しい」
「ハーバード大学を主席卒業した人が言ってるから正しい」
「大企業が作っているシステムだから大丈夫」
「政府の頭のいい官僚が考えた法律だから大丈夫」

こういうのって、なんの根拠にもならないんです。

有名大学の教授も、その大学に通う学生も、大企業のすごい人たちも…

ただの人間。特別な人間でもなんでもない。

「権威」に弱い人がいるから、その属性や肩書きを持つと「権威」をふりかざす人がいる。
(ちなみに、私は親やテレビの影響で、「権威」にとっても弱い人間でしたw)

そういうことだったんだなー、と。

「東大すごい!」「芸能人すごい!」「年収2000万円すごい!」とか、、、

なくて。

特別な人間はだれもいないんだと、今になっては思います。

私はそういうことを実際にそういう場所に身を置いたり、体験しないと気付かなかったので、入ってみて理想が壊されてそれは本当によかったです。そんなの入らなくても知っていたら良かったのですが…笑

だから、政府も役所も大企業も学者もみんな間違う。
大人も子供もみんな間違う。

それは悪いことでもなくて、当たり前のことで。

だから、他人を盲信しないで自分で考える。

人生は本当にシンプルだと思いました^^


ブログ村のランキング、下の画像をクリックで応援いただけたら嬉しいです♪


ブログの更新はTwitterでもお知らせしています^^
メルマガは、私が読んだ本の感想をつらつらと。

週2回、まい先生のPodcast(Appleのポッドキャストはこちら)にも出演しております。

「じぶん生活」は、自分の本来の心と体の自分軸に沿ってありのまま生きること。
まあるい世界で楽しみましょう〜♪